公益信託 地球環境日本基金
虫眼鏡SEARCH
WWW を検索 当サイト内を検索  Google TM
 
 
文字のサイズを変更 小中大
 
基金のしくみ

 21世紀の現在、わたしたちの暮らす地球は、温暖化をはじめ森林減少、砂漠化、淡水資源の不足、土壌劣化など、さまざまな環境問題に直面しています。しかし、これらの問題の多くは、人間の活動が生み出したものです。
 これに対し国際社会は、1992年の「地球サミット」をきっかけに実践的な取り組みを開始し、2005年2月には、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの削減をめざす「京都議定書」を発効させるなど、地球環境問題の解決に向けた活動を進めようとしています。ただし、現時点では、残念ながらこれらの問題が改善しているとは言えません。
 地球環境問題の解決のためには、先進国だけではなく開発途上国における取り組みがますます重要になっています。このような背景のなか、NGO等市民レベルの実践的な活動にも大きな期待が寄せられています。

 公益信託地球環境日本基金は、民間の寄付金によってNGO等が実施する地球環境保全に役立つ事業に対して助成を行うことを目的として、1991年7月に環境省(当時は環境庁)の許可を得て設定されたものです。
   ご寄付をお寄せいただいた方々に厚くお礼申し上げますとともに、今後とも公益信託地球環境日本基金に対するさらなるご支援を賜りますようお願い申し上げます。

公益信託地球環境日本基金